ベイビーサポート女の子

こんにちわ。

最近私は、妊活に潤滑ゼリーが必需品になっており、セックスの痛みなど負担を減らすことを努力してます。
潤滑ゼリーも最近は、たくさん商品が発売されているので色々迷います。

なかでも男女、男の子、女の子をそれぞれを妊娠する為に膣を最適な状態するというベイビーサポート潤滑ゼリーを使用してみました。

ベイビーサポート公式ページ: http://baby-support.jp/alp/

商品届いた!

次は女の子を希望していたこともあり念には念をと思い、女の子の妊娠の可能性が高まるというベイビーサポートforガール (Baby Support for Girl)を使用しました。理由は後述しますが、3セットまとめ買いしました。

梱包


厚手の紙箱です。安心感があります。女の子ぽいです。

包装


一本一本が個別包装されており、使い切りなので衛生的ですね。海外製だと包装されていない商品もあるようなので、当たり前のようですが意外と重要なポイントです。
※ベイビーサポートは7本入りですが、1本は使用済みの為6本での撮影です。

 

構造


分解したパーツです。単純な構造です。

使用感

そしてベイビーサポートの使用感ですが、ご覧のシリンジをセックスの前、寝室に行く直前に膣内に挿入して(タンポンの様に)内部の液体を注入するのですが、今まで使ったことのある他製品は指で押す部分が細くて、結構使いづらいときがあったのですがベイビーサポートは↓のように大きくなっており指にフィットするので、この点は◎でした

包含のゼリーは、ネバネバ系ではなく、サラサラ系です。なので膣内に挿入したときはあまり不快感はありませんでした。

またこのベイビーサポートはゼリーの容量が多め(4.5ml!)なので、十分に膣に行き渡る感じがしました。他製品は、そこまでの感覚がありませんでした。その代わりにサラサラ系なので膣からすこし垂れ出ることがありそうなので、あまり動き回らないほうが良いと思います。

ベイビーサポートを選択した理由

一本あたりの容量

私がなぜ数ある産み分け用の潤滑ゼリーでベイビーサポートを選択したかというと、それは1本における容量が多いということです。
もともと性行為で濡れにくい体質であるので、ゼリーやローションは多めに使いたいと思っています。

他社の潤滑ゼリーも選択肢として悩んだのですが、1本あたりの容量を見ると1.6ml。それに対しベイビーサポートは4.5ml。実に3倍ですね。このことからベイビーサポートのほうが使い勝手が良いのではないでしょうか。

ベイビーサポート 他社産み分けゼリー(平均)
1本あたりの容量 4.5ml 1.6ml


値段

それから、値段をみると他社産み分けゼリーと比較してもまとめ買いするとだいぶお安くすむところも決め手になりました。

ベイビーサポート
1セット 13,800円
2セット 22,080円
3セット 28,980円

まとめ

妊活用の潤滑ゼリーとしては、使い切りタイプで一本の容量も十分な量なので使いやすいです。男女産み分けについてはあくまで可能性を高めるだけなので、過度な期待は禁物かと思います。
しばらく使用してみて、妊娠反応が出たらこのブログで報告したいと思います。

公式サイトはこちら↓
とことん追求した日本製【ベイビーサポート】

妊活の一助になれば幸いです。