精子検査キット

こんにちわ

妊活中のご夫婦で、男性不妊が理由の場合も結構多いことを男性が理解している割合は案外と低いです。

私の場合、40歳で二人目を妊娠しました。妊娠するまでに色々妊活グッズを試してきています。

とりわけ旦那さんが精子検査してくれない場合や、お仕事の都合で検査の時間が無かったり、経済的理由で医療機関で検査できない方へおすすめしたいのが、自宅でできる家庭用精子検査キット「スパームチェック・ファーティリティ」です。あくまで目安なのできちんとした検査を望むのであればもちろん医療機関での検査がよいのは言うまでもないのですが、とりあえず確認したい(気休め)場合などにはとてもよいと思いました。

正常な精子の量とは?

精子

ところで、正常な精子の量ってどれぐらいでしょうか。WHO(世界保健機関)のデータによると以下のように定義しているようです。

  • 精液量:1.5ml以上
  • 精子数:3900万以上
  • 運動率:40パーセント以上
  • 奇形率:96パーセント未満
  • 総運動精子数(総精子数×運動率):1560万以上
  • 精子濃度:1500万/ml以上

簡易検査キット

幸い、私の旦那さんはとても協力的で検査をすることに好意的でしたが、とりあえず簡易検査してみたいということで、こちら↓

[amazonjs asin="B007N8FWB4" locale="JP" title="スパムチェックキット SpermCheck Fertility 海外直送品並行輸入品"]

を購入して、旦那さんに検査をお願いしました。ここのサイトを理由は単純に在庫があったから。他のショップは値段が安いところもありましたが、みな在庫がなく注文できず。。。人気の商品なんですね、在庫があるうちに是非。 中身はこんな感じです。 spermcheck-fertility

使い方

使い方はそれほど難しくありません。ダンナ曰く、一番むずかしいのが禁欲だそうです(笑)

  • サンプルとなる精液を付属のカップに採取します。ある程度の量がないと行けないので、旦那様に2~7日禁欲してもらって下さい(年配の男性ほど長い期間の禁欲が必要なようです)。精液サンプルは少なくとも20分放置して下さい。
  •  付属の黒ぽいすぽいとのようなもの(トランスファーデバイス)の黒い線まで精液サンプルを吸い上げソリューション液ボトルの中に入れて下さい。蓋をして5~10回ボトルを振り、精液サンプルとソリューション液を混ぜて下さい。2分間放 して下さい。
  • ボトルの蓋を開け、中のサンプル液をテストディバイスのSと書かれた窓に6滴たらして下さい。7分後に結果を見て下さい。

精子の数が正常値の範囲内かどうかを判定します。(1ml中2千万以上の精子があるかどうか)

SPERM-CHECK-TEST

Tに線が出れば陽性(1ml中2千万匹以上=正常)

サンプル採取後、約30分で結果がわかります。正確さ97%らしいです。自宅でできるので恥ずかし思いをしなくてすみ、病院に行く費用を抑えることができますね。

うちの旦那さんはとりあえず陽性で正常のようでした。これで男性不妊ではないことがとりあえずわかり、少し気が楽になったのを覚えています。

より詳細な情報はこちら↓に記載されていますので、ぜひご覧になってください。

[amazonjs asin="B007N8FWB4" locale="JP" title="スパムチェックキット SpermCheck Fertility 海外直送品並行輸入品"]

検査後は

あくまでも、家庭用検査キットなので、最終的な判断は医師に委ねるべきです。たとえキットで良くない結果であっても問題無い場合もありますし、その逆も然りです。

男性不妊は、本人に自覚を持つことが少なく、いかに協力してもらえるかが重要です。そのためには普段からのコミュニケーションや、夫婦としての将来設計など見越して、夫婦互いに妊娠に向き合うことが大切です。

男性不妊のすこしでもお役に立てれば幸いです。
ではまた。