濡れない・痛いは潤滑ゼリーで解消できる

二人目を授かるべく妊活していましたが、最近やっと二人目を妊娠することができました。

妊活の中で、一番の悩みが、濡れないことで毎回痛い思いをすることでした。

このブログでは、【妊活用潤滑ゼリー】などを使って、そんな悩みを解消した方法をご紹介したいと思います。

タイミング法と性交痛

妊活といえばタイミング法を採用しているご夫婦も多いのではないでしょうか。排卵日に合わせて排卵日の1〜3日前にタイミングを取る方法です。

私夫婦は妊活といっても、不妊治療をするほどのメンタルもお金もなかったので、主にタイミング法のみでした。

しかし、タイミング法の欠点は、回数を重ねるにつれて、セックスが義務化してしまい、心と身体がついて来ないことでした。
セックスがプレッシャーとなり男女ともに【濡れない】【勃たない】の悪循環が起こりがちになります。

毎月の義務となった妊活のためのセックスは【濡れない】【痛い】の苦痛でした。 これは40歳を過ぎ、加齢ということもあるでしょう。またホルモンのバランス関係もあるでしょう。とにかく濡れません。濡れないから、夫も時間がかかり、膣に負担がかかり、痛みを伴うようになってしまいました。この痛い思いは女性だけでなく男性側も同じ思いをしているということを夫から聞き、男性も苦痛なんだなあと思ったりしました。

こんなように性交痛が原因で赤ちゃんはほしいのに、子作りが苦痛な妊活になってしまっていました。

私のように濡れない・痛いという女性は以外と多いのでないかと感じています。

そんなときに、夫が潤滑ゼリーという存在を知り、使ってみようということになったのです。

濡れない時の痛みが解消!潤滑ゼリーってすごい

潤滑ゼリーを初めて使ったときは、挿入する際に私の膣の周囲と、夫に少し塗って使いましたが、いままでの苦痛が嘘のように消えました。

使い方がとても簡単で、これはいいものを手に入れたと思いました。それから毎月作業になっていた行為も苦痛無くスムーズに行くようになりだいぶ濡れなくて痛いストレスから解放されました。とても感動したのを覚えています。

潤滑ゼリーとローションの違い

私はアダルトグッズのローションは知っていましたが、潤滑ゼリーという存在があることを知りませんでした。

潤滑ゼリーとは膣分泌液をサポートするもので性交時に分泌液のかわりとなり、セックスをスムーズにできるようにする為の潤滑剤です。潤滑ゼリーはヌルヌルしていますがティッシュで拭き取れるくらいのものでベタベタはしていません。また、濡れない女性の膣内に注入する前提であり、当然ながらオーガニックな成分で人体に影響がありません。

これに対しローション(ここではいわゆるアダルトグッズのラブローション、化粧水ではありません)は、単純に性的快楽を得るための製品で、安価に製造するために化学薬品を使用している場合が多いようです。玩具に塗布したり、身体に塗ったりする目的であり人体には無害ですが、妊娠目的には向いていません。

一般的には【潤滑ゼリー】のことを【ローション】と呼ぶことも多いようです。妊活には潤滑ゼリーと呼ばれる商品を使いましょう。

注意!精子の活動を妨げる潤滑ゼリーもある

潤滑ゼリーを使うことでセックス自体は、ストレスなくできるようになったものの、肝心な妊娠は半年経ってもできませんでした。

最初に買った潤滑ゼリーも残りわずかになり、新しいものを購入しようとネットで潤滑ゼリーを物色していたところ、薬局などで普通に市販されている潤滑ゼリーの中には精子の活動を阻んでしまうものが存在することがわかりました。

基本的に人体には全く無害なのですが、精子にとっては泳げなくなったり、精子自体を殺してしまうなんてものあります。

多くは妊活用のものではないので、そこまで考慮されていません、なぜならその多くは「スムーズにセックスができること」を目的にしているためだからです。

妊娠目的で使用するためには、精子が子宮まで到達しなければなりません。その為には最適な粘度、ph値、浸透圧が潤滑ゼリーに求められるのです。

そういった知識を身につけてからは、持っている薬局で安く買った潤滑ゼリーはとりあえず使うのをやめました。妊娠する人は、どんなゼリー使っていてもするようですけどね。うらやましいなあ。

産み分けタイプの妊活向けの潤滑ゼリー

そんなこんなで妊活の妨げにならない潤滑剤はないものかと、ネットを探したところ、pre-seed(プレシード)やエッグサポートという商品がまさに求めていたものでした。

プレシードはアメリカ製、エッグサポートは国産です。エッグサポートについてはこのブログのこちらのレビュー記事を御覧ください

プレシードは、ほぼ膣分泌液と同じ成分で精子の泳ぎを妨げることなく性交をサポートしてくれるとのことです。商品説明のページに詳細がありますのでぜひ読んでみてください。

歳も歳だったので、早く試してみたいと思い購入しました。日本では未発売の商品でしたが、私はこちらの正規代理店で購入できました。


妊娠したい女性に!妊娠補助潤滑剤 プレシード

使い方としては、普通の潤滑剤とは少し違っていて膣内に直接ゼリーを注入する感じです。具体的なレビューはこちらに書きましたのでぜひ読んでみてください。

膣内に注入するスタイルは個人的にはドロっとゼリーがでてしまい下着が汚れることがあったので途中から膣入り口と、主人に多めに塗るようなスタイルにしました。

プレシードは市販の潤滑ゼリーにくらべとてもサラサラしています。性交痛は全くなくストレスなく行為ができています。
ゼリー

プレシードに変えてから4ヶ月後妊娠!

pre-seed プレシードに変えてから4ヶ月後についに妊娠反応が現れました。 実際にプレシードが効果があったのかどうかは確認する手段はありませんけど、タイミング法とプレシードで妊娠したのは事実です。

タイミングは、排卵日を排卵検査薬でこまめにチェックしていました。 一つ注意してたことは、排卵日の当日をタイミングとするのではなく、排卵日二日前くらいをタイミングとするようにしていました。

精子が子宮に到達するまで最長36時間、卵子の生存期間を24時間とするとそれぐらいが良いという情報があったためです。 具体的には排卵検査薬で色濃くなる少し薄めのところでタイミングをとって、その二日後に念の為もう一回タイミングをとるという感じでした。

月に2回、性交するんですが、潤滑ゼリーのお陰で、時間もかからず、また苦痛もなく結果的にストレスもなく妊活することができました。 このやり方で妊娠できるかは個人差があると思いますが、いままでの性交痛から解放され、私たち夫婦コミュニケーションが円滑になったのは間違いありません。

妊娠したい女性に!妊娠補助潤滑剤 プレシード

↑プレシードはこちらから購入できます。より詳しく記載されていますので、ぜひ読んでみてください。

まとめ

妊娠用潤滑ゼリーはここ2,3年でたくさん増えてきました。国産の製品も多数発売されるようになり、何を基準に選んだらいいのか。。。
こちらに私が妊娠するために試した妊娠用潤滑ゼリーをわかりやすくまとめたので、ご参考になれば

妊活や性交痛の悩みを抱える方にとって参考になれば嬉しいです。

では。